org_img_0

『成長痛』は、一般的に幼児・小・中学生の子どもが成長の影響で発生する原因不明の痛みという事らしいです!

運動の後、夜中、突然に下肢の痛みを訴えることが多いと言われています。

そして医療機関で調べても、外傷はなくレントゲン上でも、異常がないと診断されます(+o+)

 

では、なぜ成長痛が起こるのでしょうか?

痛みや症状には、必ず原因が存在します。

 

これまでに、成長痛を見てきて思ったことは・・・!

①脚の筋力低下

②筋バランスが悪い

③関節のゆがみ

④関節の動きが悪い

➄姿勢が悪い

これらが成長痛に影響をしているハズです!

 

成長痛を訴える子どもの靴底を拝見すると、極端に左右の減り方が違ったり、部分的に減りすぎていることが多いようです。

また、サイズが合っていない・靴自体が良くないことも成長痛の原因になっています(+o+)

 

成長痛を起こさない為には・・・!

◆姿勢を正すこと

◆適度な運動をすること

◆座っている姿勢に気をつけること

◆良い靴を履くこと

正しいカラダを子どもの時から作らないと、将来にも影響してきますよ(^^)

成長痛は、様子を見ているだけでは・・・とても時間がかかります!

 

はやく良くするためには、姿勢の専門家に相談しましょう(^_^)v

正しい調整ができれば、パフォーマンスも良くなります!